FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永平寺 七不思議⑦

拳骨和尚とは物外不遷(もつがいふせん、1741~1867)は伊予松山に生まれ幼少より怪力で、伊予の竜泰(りゅうたい)寺に出家し不遷と称した。
 27歳頃に3年程永平寺に安居(あんご)し、ある時ささいな事より中雀門の向かって右側から二本目の柱を平手でたたいたという。その蹟が拳骨和尚によるものといわれる。

 拳骨和尚こと不遷はその後広島県尾道市の済法寺の住職になり、慶応3年11月25日、73歳で遷化(せんげ)し大阪禅林寺に葬られたというが、中雀門の傷蹟ははたして本当かどうかわからないが。 拳骨和尚の怪力話は各地にあるから永平寺のものもその一つかと思われます。



他にも、この人は永平寺の鐘を地面に下ろしてみんなを困らせ「鐘を上げて欲しければ、うどんを食わせろ」と言ったとか

なんか、泥臭い和尚さん(笑)
プロフィール

空我_1

Author:空我_1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。